Welcome

私たちは、分子レベルの物理的な原理から生命現象を理解することを目指して、理論およびシミュレーション研究を行っています。

たとえば蛋白質は、アミノ酸数百個が重合してできた高分子ですが、蛋白質の物性は、アミノ酸の物性あるいはアミノ酸をでたらめな順で重合したポリペプチドとはまったく違います。蛋白質は、進化によってデザインされて、特異な物性を獲得したのです。しかしそれでも、蛋白質が分子であって物理法則に則って動いていることに違いはありません。蛋白質などの生体分子からなるシステムは、物理的原理に従う物質的な側面と、進化によって生み出されてきたという生物学的側面の狭間で、働いています。物理的な原理から生命現象に必須の生体分子システムの働きを理解すること、物理と生命をつなぐことを、私たちは目指しています。


告知

大学院生募集中

博士研究員

ニュース

研究紹介を更新

2013年8月29日

研究紹介の記述を更新しました。また、著作物も更新しています。

転出と新加入

2013年4月2日

研究室メンバー情報を更新しました。

昇任

2013年3月1日

高田が教授に昇任しました。

CafeMol ver 2.0公開

2012年5月31日

CafeMolの正式版(ver 2.0)を公開しました。

転出と新加入

2012年4月?日

研究室メンバー情報を更新しました。

転出と新加入

2011年4月4日

研究室メンバー情報を更新しました。

CafeMol ver 1.0公開

2010年12月27日

CafeMolの正式版(ver 1.0)を公開しました。

HP更新

2010年11月23日

多剤排出トランスポーターに関する論文紹介とMovieをアップしました。

教科書出版

2010年11月23日

教科書「タンパク質の立体構造入門」(共同執筆)を出版しました。主に理論・計算の立場から書いた学部生向けのタンパク質構造の教科書です。

論文

2010年11月17日

Yaoさんの多剤排出トランスポーターの論文がNature Communicationsに掲載されました。この論文は日経産業新聞など3紙で紹介されました。

卒業と新加入

2010年4月

研究室メンバー情報と論文解説ページを少し更新しました。

CafeMolベータ版公開(予定)

2009年8月10日

CafeMolは、我々が開発している粗視化生体分子シミュレーションソフトウエアです。

研究テーマ等

folding funnel蛋白質フォールディング

ランダムなひもとして合成される蛋白質が天然構造にフォールディングできるのはなぜなのか、その分子機構を調べています。特に、今の目標はin vivoフォールディング研究です。

F1-ATPase myosin-V 生体分子機械の作動原理

分子モーター、トランスポーター

多くの生体分子は、機能サイクルを通じて一定の働きを行う分子機械として様々な生命現象を担っています。その作動原理の理解を目指して、理論研究を行っています。

p53 遺伝子動態

クロマチン構造、転写、DNA複製

ゲノムDNAは、高度に圧縮されていながら、必要な時に、必要な情報をその中から探して読み取らなければなりません。この過程がいかにして実現するのか、物理的に、分子レベルで理解したいと考えています。

生体分子システムのマルチスケールモデリング

生体分子システムは階層性をもち、階層間のカップリングで働いています。原子レベルから粗視化したメゾスケールまでを統合的に取り扱う理論モデリングの方法論を研究しています。

その他興味あるテーマ

構造変化と機能
生体膜動態
蛋白質デザイン
システム生物学
バイオインフォマティクス